早めの花粉症対策がオススメ!

節分も終わり、スギ花粉の季節・・・毎年この季節は「ツライ」と感じている方、多いですよね。

花粉症で毎年お悩みの方にオススメなのが「早めの花粉症対策をする」ということです。

 

いわゆる「初期治療(初期療法)」と呼ばれるもので、

<花粉飛散予測日の約2週間前から>・<症状が出る前に> または <症状が少しでも出始めたらすぐに>

治療の点眼薬や内服薬を開始する、というもの。

症状が軽減されたり、症状が出ている期間が短くなるので、「ツライ」花粉症シーズンを上手に乗り越えられるのです!

 

症状が悪化してからの治療ですと

残念ながら薬が効きにくかったり、強い薬を使わないと症状が抑えられなかったりします。

また、かゆみに耐えられず何度も(もしくは強く)こすってしまうと、角膜(黒目)を傷つけてしまうおそれがあります。

  

環境省の花粉情報サイトによると、今年の神奈川県のスギ花粉の飛散時期は2月中旬ごろからとの予測なので、

2月上旬から治療を開始するのがオススメです。まさに今!ですね。

 

早めの対策でのメリットがもう一つ。

花粉が本格的に飛散してからではクリニックも混雑し、お待たせする時間も長くなるかと思いますので

飛散量が少なく比較的すいている2月上旬の受診がオススメです!

もちろん外出時にはマスクなどの着用をお忘れなく。