翼状片

翼状片【よくじょうへん】

翼状片とはどのような病気?
角膜(黒眼)に結膜が(白眼)伸びて侵入してくる病気です。

翼状片はどうして起きるの?
屋外で労働する人に多い傾向があり紫外線が原因の1つと考えられています。屋外で仕事をしている方や、長年コンタクトレンズをつけていた方も翼状片になりやすいと言われています。

翼状片はどのような症状が起きるの?
一般的には鼻側から角膜(黒眼)に結膜(白眼)が侵入してきます。 赤みを帯びたり異物感を感じたりすることがありますが痛みはありません。 放置すると角膜の中央にかかり乱視が強くなり視力が低下することがあります。

翼状片はどうやって治療するの?
悪性のものではありませんので自覚症状のない初期の段階では経過観察です。基本的には点眼治療で翼状片が退縮することはありません。充血をともなえば点眼治療で様子をみます。瞳孔領に伸びてきて視力が低下してくると見づらくなるので手術が必要です。また充血が気になり整要的に気になる方も手術適応です。ただし手術をしても再発することがあるので注意が必要です。
doctor02.png

院長よりひとこと

手術の適応があるかどうかは、検査の上で診察時にお話しています。
 

スタッフブログ

ご連絡先はこちら

湘南眼科クリニック

〒251-0052
藤沢市藤沢610-1
サミットストア藤沢駅北口店2F
藤沢医療タウン

 0466-25-5333

湘南眼科クリニックより

湘南眼科クリニック 院長の原田由美子です。この度、サミット藤沢駅北口店2階に『湘南眼科クリニック』を開院いたしました。少しでも眼に関してお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

医師としての初心を忘れず皆様のお悩みに真摯に向き合い地域の皆様に親しまれ、「来院して良かった!」と思っていただけるようなクリニックを目指して、スタッフ一同、精一杯精進していきたいと思っております。

SEARCH