網膜剥離裂孔

網膜剥離裂孔【もうまくはくりれっこう】

網膜剥離裂孔とはどのような病気?
網膜が引き裂かれて網膜がやぶれる状態を網膜剥離裂孔といいます。

網膜剥離裂孔はどうして起きるの?
眼の中には硝子体という無色透明のゼリーが網膜に付いて詰まっています。年齢の変化で硝子体はサラサラとした液体にかわり、網膜からはがれてきて後部硝子体剥離がおきます。この状態自体は生理的な変化で起きるのですが、網膜と硝子体の癒着の強い部分があると網膜が引っ張られて網膜が引き裂かれ、穴や亀裂ができます。これを網膜剥離裂孔といいます。

一度裂孔ができると、そこから硝子体の水が網膜の下に入り込んで網膜剥離になることがあります。

網膜剥離裂孔はどのような症状が起きるの?
飛蚊症(黒いものが見える・黒い虫のようなのが動いて見える・糸くずのようなものが飛ぶ・煙のようなものが飛ぶ)が代表的な症状です。

網膜剥離裂孔はどうやって治療するの?
レーザーで裂孔のまわりを囲み、網膜に人工的な瘢痕をつくり網膜剥離にならないように予防します。網膜剥離になると飛蚊症の増加、視野欠損、視力低下等の症状がおきます。早期発見が視力予後を左右しますのでこのような症状をきたした場合は早めに眼科を受診してください。湘南眼科クリニックでは網膜剥離裂孔のレーザー治療を行っております。
doctor02.png

院長よりひとこと

飛蚊症の症状に気づいたら、自己判断せずに、まずは眼科を受診しましょう。
より精密な眼底検査(散瞳検査)を行うために、散瞳剤(目薬)を使用します。この場合には、検査が終わったあともしばらく瞳孔が開いたままになるため、数時間は見え方がいつもよりもぼやける・まぶしい・手元に焦点があわせにくい等多少不便になります。その状態では車やバイクなどの運転は行えませんので、精密検査をご希望の際には、他の交通手段で来院なさるか、付き添いの方やお迎えの方の運転でお帰りいただくようお願いします。

スタッフブログ

ご連絡先はこちら

湘南眼科クリニック

〒251-0052
藤沢市藤沢610-1
サミットストア藤沢駅北口店2F
藤沢医療タウン

 0466-25-5333

湘南眼科クリニックより

湘南眼科クリニック 院長の原田由美子です。この度、サミット藤沢駅北口店2階に『湘南眼科クリニック』を開院いたしました。少しでも眼に関してお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

医師としての初心を忘れず皆様のお悩みに真摯に向き合い地域の皆様に親しまれ、「来院して良かった!」と思っていただけるようなクリニックを目指して、スタッフ一同、精一杯精進していきたいと思っております。

SEARCH