ものもらい(麦粒腫・霰粒腫)

ものもらいとはどのような病気?
ものもらいとは正式には霰粒腫(さんりゅうしゅ)、麦粒腫(ばくりゅうしゅ)といいます。

私達の目の中では常に脂が作られ、通常その脂は上まぶたと下まぶたにあるマイボーム腺とよばれる分泌腺から排出されます。しかし、分泌腺に雑菌が入り炎症を起こすことがあります。これが麦粒腫です。また、分泌腺が詰まり、脂が排出されず、目の中に脂がたまって結膜に炎症が起きることがあります。これが霰粒腫です。

”ものもらい”というと人にうつるというイメージがありますが、ウイルス性のものではないので人にうつることはありません。例えて言うならばにきびのようなもので、体質によって霰粒腫になりやすい人となりにくい人がいます。
霰粒腫はどのような症状が起きるの?
まぶたが腫れる、目をつぶると痛い、まぶたを触ると痛いなどの症状が起こります。
hordeolum_01.gif
イラスト協力:参天製薬
霰粒腫はどうやって治療するの?
抗菌の点眼薬や飲み薬によって治療します。しかし、状態によってはお薬だけでは治らない場合もあり、その場合は結膜あるいは皮膚を切開し、たまった膿をかき出して治療します。
doctor02.png

院長よりひとこと

湘南眼科クリニックでは、霰粒腫の切開を行っております。(※診察の上で予約にて行います。)